コンセプト&テーマ

  • HOME »
  • コンセプト&テーマ

いわて盛岡シティマラソン2022 3つの大会コンセプト&大会テーマ

いわて盛岡シティマラソン2022における3つの大会コンセプトと大会テーマをご紹介します。
これら大会コンセプトは、いわて盛岡シティマラソン2021から始まった「盛岡応援チャリティー募金」と連動し、エントリー時にお選びいただいたコンセプトの各寄付予定先に寄付されます。

CONCEPT1

キッズスポーツの活動支援
(寄付予定先:いわてスーパーキッズ)NEW

多くの人々に希望と感動を与えるアスリート。特に、スポーツに取り組む子どもたちの夢や憧れである世界で活躍するトップアスリートについて、オリンピック選手も輩出している人材の発掘・育成を行う趣旨に賛同し、いわてスーパーキッズの活動支援に取り組みます。また、いわて盛岡シティマラソン2022から、将来フルマラソンに挑むキッズを育成するため、参加者を小学生に限定したジュニアチャレンジランを開催します。

CONCEPT2

東日本大震災の次世代への継承支援
(寄付予定先:いわての学び希望基金)

東日本大震災から11年が経過し、全国から寄せられた支援により震災復興が進んだ一方で、今後も東日本大震災の記憶の風化防止と次世代への継承を行っていくことが大切と考え、大会として東日本大震災の次世代への継承支援に取り組みます。

CONCEPT3

スポーツSDGsの推進
(寄付予定先:福祉実験ユニット・ヘラルボニー)

スポーツの持つ、人々を集める力や人々を巻き込む力を使って、SDGs(持続可能な開発目標)の認知度向上、ひいては社会におけるスポーツ価値のさらなる向上を目指し、いわて盛岡シティマラソン2021から、「福祉実験ユニット・ヘラルボニー」の社会実装を応援しています。また、いわて盛岡シティマラソン2022では、ヘラルボニーと「大会メインビジュアル」のコラボレーションを行っています。

THEME

おかえり。ただいま。ありがとう。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、残念ながらいわて盛岡シティマラソンは2年連続でリアルマラソンを開催できませんでした。いわて盛岡シティマラソン2022こそ、盛岡でもリアルマラソンを開催する想いとして、ランナーの皆さんへ「おかえり」と、ランナーの皆さんから「ただいま」、そしてお互いへの「ありがとう」というメッセージに込めました。

オフィシャルドリンクパートナー

みちのくコカ・コーラボトリング株式会社

オフィシャルウェアパートナー

デサントブランド公式サイト-DESCENTE

オフィシャルカーパートナー

岩手県トヨタ八社会

ファンランパートナー

岩泉ホールディングス

ジュニアチャレンジランパートナー

株式会社タカヤ

シルバーパートナー

アーク株式会社

株式会社カガヤ

ネクサスカンパニー

東北銀行

トヨタL&F

薬王堂 - あなたのちかくに -

ブロンズパートナー

公楽

株式会社佐藤興産

Adblue(アドブルー)販売は株式会社Schatzにおまかせください

ダスキンレントオール

株式会社トライス

二宮内科クリニック

株式会社橋市グループ

みうら産婦人科医院

みずほ証券

盛岡ベース

菱和建設株式会社

フードサポーター

株式会社カネマン

南部せんべい乃 巖手屋(いわてや)

TARTE DES DEMOISELLES TATIN タルトタタン

エイドサポーター

大和証券株式会社盛岡支店

東京海上日動火災保険株式会社

ムーブメントサポーター

かねこ内科クリニック

黒川産婦人科医院

鈴木整形外科

(株)坂東木材

本格中華料理 萬花京

ゴールドラッシュ
エンターテインメント

盛岡八幡宮

株式会社Miura

あおば土地家屋調査士法人

NTT東日本岩手支店

株式会社LIG

株式会社オフィス・ケーワイ

うららか整骨院

医療法人泰明会谷藤眼科医院

ベアーズロック株式会社

株式会社盛高商店

株式会社ルーム・プラス

スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG) 

過去の大会HPはこちら

いわて盛岡シティマラソン2019

いわて盛岡シティマラソン2020

いわて盛岡シティマラソン2021

観光情報

観光情報

さんさ踊り

協働事業

マリ共和国

プロスポーツ連携

グルージャ盛岡

いわてビッグブルズ

PAGETOP